事業内容

医療行為に起因する医療従事者と患者及び その家族との間の民事上の紛争について、 裁判外紛争解決手続きとしての和解の仲介を行う。

相談手続
医療紛争についての御相談を受け付けています。
医師・看護師等の医療従事者が中立的な立場から回答します。

調停手続
医療機関・医療従事者と患者及びその家族との間の民事上の紛争について、当センターの調停委員が中立的な立場から和解のお手伝いを致します。
調停委員は医師、弁護士から一名ずつ合計2名をセンターが選任します。

医療紛争センターを利用するメリットについて
1.裁判よりも短期間かつ低費用で紛争の解決を図ることができます。
2.専門家が中立的な立場で解決をお手伝いします。
3.請求権の時効の進行を中断することができる場合があります(裁判外紛争処理手続きの利用の促進に関する法律25条1項)。

ご寄付のお願い
当センターの運営は手続利用者からお支払いいただく手数料の他、みなさまからのご寄付により行っております。
当センターでは広く市民のみなさまからのご寄付を募っています。
ご寄付をいただける場合には、お電話にてご連絡下さい。

メニュー



医療紛争相談センターは法務大臣の認証を取得した医療ADR機関(「かいけつサポート」)です。 詳しくは法務省ホームページをご覧ください。